彼女が欲しい 彼女を作る方法

Image Replacement

彼女が欲しい人へ‐彼女を作る方法‐について

彼女を作る最速の方法、それは出会いの数×行動回数−失敗の回数だけである。彼女が出来ないと悩むあなたへ。彼女を本気で作りたいと悩む人へ、お見合いパーティー、合コン、婚活サイト、恋活サイト、クラブにナンパ、あらゆる方法で彼女をGETしよう!

彼女が欲しい人へ

彼女が欲しい、彼女を作りたい、でも仕事も勉強も忙しくて彼女が出来ない!そもそもそれも言い訳で根本的にもてない。確かに自分もそうだった。電車でもカフェでも映画館でもカップルを見かけるたびに感じる疎外感・・・。迫り来る年齢と友人や兄弟、親のプレッシャー。きっとあなたも悩んでいることだろうと思う。

彼女が出来ない苦痛。これは男に取って耐えようもない苦しみと孤独の連続である。仕事や勉強を言い訳しても、どこかでむなしさが残る日々。そんな日々をこれ以上送るのは嫌だと思わないだろうか?このサイトをつくるまでかなりの時間がかかったのだが、ちょっと先に自分の思いを書いてみたい。

人間の喜びとはなにか?いや男の喜びとは何か?それを考えている内に私は一つの結論に達していた。それは「何をするにも、何を手に入れたとしても、彼女抜きでは人生はつまらない」ということである。

それに気づいた私は車を売った。そうしてその資金=数百万を使い恋愛マニュアルを熟読したり、恋愛本を読んだり沢山の人と出会ってまったく別の人間に変わってしまった。

きっと彼らとの出会いがなければここまで人生を楽しめるようにはならなかったと思う。特にパーティー主催者の彼には心底感謝している。あいつほど僕に影響を与え、そして思考の転換をせまってきた人は居ない。この場でお礼をしたい。

今回送るのはある知人をきっかけに劇的に運命が変わってしまい。そして出会いというものに全く不足することがなくなってしまった一人の男からの身勝手な最後のプレゼントである。婚活に終止符を打った(まあ予定だけど)私の個人記録だと言ってもよい。

自分の体験が本気で彼女が欲しいと真に願うあなたに、少しは役立って欲しい。そう心より願う。


彼女を作る方法とは?

金があれば彼女が出来る。そう思ったことはないだろうか?その答えはかぎりなくYESでもあり一部NOでもあると思う。彼女を手っ取り早く作るには結構金をかければうまくいくことも多いし、金が出会いの回数や確率を上げるのでこれを真っ向から否定する人は居ないはず。

だが、それでは面白くないではないか?フリーターにだって、チャンスはあって欲しい。資金がなくたって、地位が低くたって彼女ができないわけはない。そう思っていろいろな手段を示したいと思う。もしあなたがある程度若いか年収が普通程度のサラリーマンならもう半分は合格ライン。

彼女を作る方程式。それは「出会いの数×行動回数−失敗数」だけである。出会いの数を増やしていくことがまずは大前提。そのための資金投資、または時間投資にどれほど使えるのか?そこだけは抑えておいて欲しい。その上で以下の基準を使い出会いの場に使うコストを計算し、自分で判断して行動してほしい

@ 即効性
今すぐ彼女が欲しいと思ったら、明日にでも彼女と手をつないで歩きたいと思ったら、一番重視するのは即効性だと思う。出会うまでの時間を重視するなら直接であるパーティーやクラブ・そして上級者のナンパなどがある。限られた時間をどう有効に使うのか。即効性というのはかなり大切なはず。

A 年齢と世代層
同年代・若い彼女・年上の頼れるお姉さん。人によってタイプはいろいろあると思う。その目的によりどの場で彼女を作ろうとするのかが変わってくると思われる。

B 外見と知性
かわいい子=知性が高いとは限らない。これが結構悩みどころ。バカだけど見た目は最高という女も沢山いて、クラブなどに行くとついつい尻を追いかけてしまう。まじめな子はクラブには行かないのが普通。(最近は結構行っているけど)

将来自分の結婚相手=母親がクラブ遊びをしまくってたというのだけは避けたいという人は知性重視の趣味サークルやネット系で絞り込んだり、会員制のパーティーに参加したりと出会い場を考えた方が良い。

C 本気度
彼女を作りたいが結婚したいに結びつかないのが男の本音。すごく気持ちは分かる。Hやセックスが結婚の上位にくるのは当たり前、男としてそれは否定したくない。だが、ある程度まで女性になれたら、まじめに結婚までいける人と出会いたいというのも人情。結婚相談所などがその典型で30代ならこの辺も考え出してよい頃だろう。

D コストパフォーマンス
何を重視するのかによって違ってくるが、いくらぐらいの予算を投資できるのかは考えた方が良い。もちろん資金はあればあるだけ良いのだが、出会いの場それぞれのメリットデメリットを把握した上で限られた予算をどこに使うのかを判断して欲しい。


彼女を見つける場所とは?コストと効率を比較

@ お見合いパーティー
今日にでも、今すぐ彼女が欲しいと願うなら、一番即効性があるのがお見合いパーティーやカップリングパーティーと呼ばれる、男女の出会いのためのパーティー。恋活系は女の子の年齢が若く恋愛向き、婚活特化系は結婚願望が高い女の子が多いので若干世代層が高いが、女の子が男性に積極的などかなり特徴がでる。また男女の料金比が悪く男性にからの批判が多いのもここ。女性無料は大学生などと出会えるのは確かだが、行く前にパーティー攻略法を知っておくと良いだろう。

A 異業種交流会パーティー
世代や年齢を超えた付き合いを探せるのが便利。主に首都圏のみで開催されるが、一度に複数と出会えるし、開催場所がかなりオシャレなので、来ている男女のレベルが高い。フリースタイルのパーティーなので積極性がいるが、料理、スウィーツがまでついて男性5000円くらいだし、コストパフォーマンスはかなり高い。

B ネットの恋活
24時間出来て、遊びの付き合いから真剣な結婚までサイト選びをしっかりすれば、かなり出会いの確率が高い出会いの手段。特に地方ではここでの出会いが多い。無料系は避け、定額制の使いたい放題か、電話認証などのあるポイント制のサイトがおすすめ。即効性hかなり高い手段

C 合コン
合コンで彼女を見つけるというのもかなり一般的な方法。合コンのよい所は自分をサポートする友達が一緒に参加することによって自分の株が上がったり、また気心の触れた友達と参加することでそれぞれの個性を活かし、実力を発揮できるところ。最近は合コンセッティングサービスもかなり多くあり、年会費、登録料が無料なところが多い。また一人合コン参加の場合は参加者全員のアドレスが手に入るので、効率という点ではかなり評価が高い。お気に入りのグループに申し込めば外見や知性、職業などもかなり絞り込めるはず

D 結婚相談所
本気で付き合う彼女を作りたいと考えているなら結婚相談所はかなり最短コース。入会金がかかってしまうものもあるが、パートナーエージェントなどは一般参加も可能。ここのメリットはとにかく女の子の本気度が高いというもの。結婚相手としてなら容姿は問わないという女性も多いので、20代後半の美人を捕まえることだって出来る。世代層が若干高いが、即効性は高いだろう

E オフカイやSNS
ミクシーなどで開催されるオフカイ。恋活系のサークルなどで彼女を探すという手段もある。誰もが彼氏を求めているわけではないのが欠点で、1対1の関係までもってくるのにかなりのメールテクニックが必要であり、時間もかかるが、出会いの手段としてはもっとも自然だろう。

自分の趣味や興味関心が同じ仲間との出会いが期待できるのだが、。彼思募集中の女の子はサークル内だとすぐに手を出されて競争率が高い。しっかりと恋愛テクニックを学んでから参加しよう。コスト的にはお得。

F 旅先、旅行先
旅先や旅行先はテンションが上がって、別空間。周りの目からも開放されるので意外と出会いの穴場となっている。最近は若い女の子の一人旅行も増えているので、一人ツアーに参加すれば彼女候補が見つかるかもしれない。これはやはり運次第。一度ぐらいは彼女探しのたびに出てはどうだろうか?ちなみにナンパ成功率も高いので、マニュアルを読んで知識を方法論を身に付けたら、試すのも手。こういうところで声かけができるようになれば、男のレベルが一気にあがる。

G 習い事・スクール
英会話やワイン教室、音楽スクール、クッキングスクールなど女性参加者の多いところで彼女と出会ったという人も意外と多い。毎回顔を合わせるこれらの習い事はサークルやクラブ活動のノりでワイワイ楽しく遊んでいるうちに恋の意識が芽生えたという場合が多い。即効性が低く、運次第、コストパフォーマンスも高いと思うが、常に女性の意識を知り、会話量を増やす場所として、また自分自身の楽しみの場として習い事やスクールに参加するのも良いと思う

H クラブ・ディスコ
彼女を作る場所として一般的だが、競争率が高く、自分の条件が良くないとかなりハードルは高い。ストリートナンパに続き、実は1対1の関係まで作り上げるのが難しいのがクラブ。ただし、来ている女の子は総じて若く、そしてかわいいのは事実。初心者にはおススメできないが、運ためしをするという程度なら思い切って熱い夜をすごしてみよう。半分はキャバ嬢とかプロが混ざっているので、見極める目と踊りながらナンパしアドレスを聞き出すテクニックなどはナンパマニュアルに詳しいので勉強してから行くと良いだろう